教会・チャペル名で検索

代表的な挙式までの流れ

トップページ > 代表的な挙式までの流れ

代表的な挙式までの流れ

憧れのハワイウェディング。巷でもハワイ挙式経験者が増え、昔よりもハワイウェディングがぐっと身近な存在となって来ました。しかし、いくら身近なハワイとはいえ、そこは歴としたアメリカ合衆国の島。言葉も違えば文化も違う。国内挙式と違い、下見すら出来ない状態で挙式当日を迎えるのが通常です。

一生一度の結婚式、大切なセレモニーだからこそ、期待と不安が入り混じるものです。

ここでは、ハワイウェディング前のカップルが感じる不安や疑問でもある、ハワイ挙式までの一般的な流れ(スケジュール)についてご紹介致します。ざっと流れをつかめるだけでも、心持は随分違ってくるはずです。
モヤモヤさせず、しっかり挙式までの流れをチェックして不安や疑問を解消して下さい。
※ご予約の会社によって流れが多少異なります。

ウェディング会社・サロンを決める

1 ウェディング会社・サロンを決める

日本で人気が高まる海外挙式。その王道とも言えるのがハワイ挙式です。現在、そのハワイウェディングを取り扱う会社、専門業者はかなり増えており、まずはどの会社に申し込むかを絞り込みます。
ポイントは予算と目的、そして実績です。ハワイウェディングをサポートする会社は、現地のウェディング会社、国内で海外ブライダル業を運営する会社、そして旅行会社に大きく分けることが出来ます。

どちらにするかは、やはりお二人のイメージと理想を明確にすることが必要で、ネット検索等でじっくり検討してみるのも良いでしょう。口コミを見てみるのも手段の一つですが、WEBサイトに掲載されているウェディング写真のクオリティーや好みで判断するもの一つのポイントとなります。

問い合わせ&申し込み

2 問い合わせ&申し込み

まずは気になるウェディング会社にメールや電話で問い合わせと予約申し込みを行います。国内にブライダルサロンを設けている会社なら、直接足を運んでみるのも良いでしょう。
雰囲気が確認出来るので、一つの判断材料にもなります。

打ち合わせ

3 打ち合わせ

国内挙式でも海外挙式でも重要になるのが事前打ち合わせ。
比較的ゲストが少ない海外挙式では、打ち合わせもその分簡素化が可能ですので、始めからメールのみで済ませることも可能です。
不安や疑問、オプションの申し込み等、専用窓口を通じて納得いくまで担当者と話し合いましょう。

渡航準備

4 渡航準備

いよいよ出発の日が近づいて来ました。体調は万全ですか?忘れ物は無いですか?ゲストに何かトラブルは生じていませんか?ゲストの中には海外そのものが初めてというケースも少なくなく、不安や緊張されている方も多くいらっしゃいます。あらかじめ滞在中のスケジュールやトラブルの際の連絡先、病院リストなど作成しお渡ししていると親切です。
因みにハワイはアメリカ合衆国の法律により、入国の際は『ESTA』と呼ばれる入国手続きが必要となります。
必ず全員がその手続きを行うよう注意して下さい。

ロイヤルカイラウェディング

Copyright © Hawaii church & Chapel Wedding. All Rights Reserved.