教会・チャペル名で検索

ドレス・タキシード

トップページ > ウェディングオプション > ドレス・タキシード

ドレス・タキシード  

女性なら一度は味わいたいプリンセス気分。
さぁどれにしよう?あれもいいしこれもいいし…。実際なかなか決めきれないのがこの衣装選びです。
毎年様々なスタイル、ライン、デザインのウェディングドレスが発表され、なかなか絞り込むことが難しいものですが、自分に一番似合う、最高に魅力的な一着に出会うためのドレス選びのワンポイントをご紹介します。

結婚式は、物語に出てくるような
美しいお姫様になれる特別な1日です。

体型からドレスを絞り込む

体型によって似合うドレス、似合わないドレスというものがあります。
自分の体型をじっくり見極め、どのようなドレスが似合うか絞り込んでみましょう。

長身の方
長身の方は基本的にどんなドレスも美しく着こなすことが出来ます。
好きなデザインやシルエットから選んでも構いませんが、新郎と並んだ時のバランスを考えて選ぶのも一つのポイントとなります。
例えば新郎が新婦と同じくらいの背丈、あるいは低い場合のドレス選びは縦を強調し過ぎない方が無難。
マーメードラインやスレンダーラインは縦のラインを強調するので、こういったドレスよりも裾が広がったAラインやスカートにボリュームを持たせたプリンセスラインで横幅を持たせるのも良いでしょう。
但し、その分大柄にも見えたりするので何着か試着しバランスの良いものをチョイスする事がコツです。
背の低い方
可愛らしいドレスを選ぶととてもチャーミングで魅力的に映えます。
背の低い新婦は基本的に可愛らしいドレスを選ぶととてもチャーミングで魅力的に映えます。若い方に人気のミニ丈ドレスもよく似合いますね。中でも一番似合うのはAラインドレス。
バランスよく見せることが出来、縦のラインも強調する事が出来ます。
テーマによってはエンパイアラインもおすすめ。
姫系というよりは、妖精的な不思議な魅力を演出する事が出来るので、ガーデンウェディングやレストランウェディングに最適です。
ぽっちゃり体型の方
体型をカバーしたがる傾向にありますがそれはNGです。
背中やデコルテ、二の腕を大きく露出するタイプが主流のウェディングドレス。
ぽっちゃり体型の方はその部分をカバーしたがる傾向にありますがそれはNGです。
隠すことでかえってその部分が目立ってしまうことにもなりかねませんので、ここは思い切って大胆に出すことが一番のポイントです。
その際、スカート部分にボリュームを持たせるとバランス良く見せることが出来ます。
プリンセスラインなどのドレスはこういったぽっちゃり体型の方によく似合うドレスなのです。
細身の方
エレガントに美しく見せる意味でも、細身の体型は大変有利。
ドレスをエレガントに美しく見せる意味でも、細身の体型は大変有利。
どんなドレスでも基本的に似合います。
但し、胸にボリューム不足を感じる方も多く、不安を感じる方もいらっしゃいます。
その場合、パットなどでボリュームを持たせるのも一つの手段ではありますが、あまり胸を強調しないデザインのドレスか、胸元に大きなリボンやコサージュのあるドレスで美しく見せることが出来ます。
肩幅が広い方・いかり型の方
肩をスッキリ見せるデザインがおすすめ。
肩幅や形を気にする方は、ビスチェタイプやオフショルダーといった肩を強調するデザインよりも、ホルターネックやアメリカンスリーブといった肩をスッキリ見せるデザインがおすすめ。
どうしても気になる場合はボレロなどを羽織るタイプでも綺麗に着こなすことが出来ます。

シルエットから選ぶ

Aライン
アルファベット「A」のシルエットに似たAラインドレス。ウエストから下半身にかけて自然に広がるラインが女性らしさを醸し出し、ウェディングドレスの基本ラインナップとして人気が高いシルエットです。
基本的にどんな体型の方にも似合いますので、迷ったらAラインドレスがおすすめです。
プリンセスライン
お姫様のようにふんわりボリューミーなスカート部分が特長的なプリンセスライン。
優雅にもキュートにも見せることが出来、華やかな衣装をお好みの方には大変おすすめのシルエットです。
マーメードライン
人魚のようなシルエットをしたマーメードラインドレス。
ヒップ、ウエストラインを強調し、女性らしさを演出出来るシルエットです。背の高い型、細身の方に特におすすめ。
エンパイアライン
ギリシャ神話の女神が着用しているような、胸下で切り返したドレス。
スカート部分がスッキリとシンプルということから、カジュアル色が強まります。ガーデンウェディングやレストランパーティーにおすすめです。
スレンダーライン
スッキリと縦のラインを強調したスレンダーラインドレス。
体型がハッキリと出やすいシルエットですので、長身の方、細身の方が着るととても美しく見せることが出来ます。
新 郎
結婚式の主役は新婦になりがちですが、新郎ももちろん結婚式の主役です。
普段より2倍も3倍もカッコよく、スタイリッシュに結婚式の衣装を着こなしてみましょう。
タキシード
元々は紳士の夜の礼服ですが、ウェディングでは時間帯を気にせず着ることが出来ます。光沢のあるグレーや白が結婚式では好まれます。
中にベストを合わせるだけでもフォーマル感が増しますので、タイの色と合わせてみるのも面白いです。細身のものがスタイリッシュに映りますから、体型にしっかりあった一着を選ぶと良いでしょう。
フロックコート
膝まである長いコートが特長的なフロックコート。セレモニー感が増し、格調高い雰囲気を演出する事が出来ます。
ただコートが長い分、背の低い方だとアンバランスになってしまうことも。肩幅もピタリとあったものを選ぶと良いでしょう。
モーニング
結婚式の定番とも言えるモーニング。時代に合わせ、細身でスタイリッシュなデザインであれば、やぼったく感じることはありません。
前が短く後ろが長いデザインのコートですので、フロックコートよりは身長を気にせず着こなせるデザインです。
ロイヤルカイラウェディング

Copyright © Hawaii church & Chapel Wedding. All Rights Reserved.