教会・チャペル名で検索

ブライダルにおすすめ!ハワイアンジュエリー

トップページ > ハワイウェディング特集 > ブライダルにおすすめ!ハワイアンジュエリー

ブライダルにおすすめ!ハワイアンジュエリー  

南国を思わせる花々や海の動物達をモチーフとしているハワイアンジュエリー。持っているだけで不思議とパワーが享受されるような気持ちになりますよね。
ここではそんなハワイアンジュエリーの持つスピリットや人気のモチーフ、おすすめジュエリーについてご紹介します。

受け継がれるハワイアンスピリット

受け継がれるハワイアンスピリット 地元のロコ達からは「Hawaiian heirloom jewelry」と言われ、heirloomは「家宝」「家財」という意味を持ちます。
ハワイ王朝最後の統治者であるリウオカラニ女王が、夫を亡くし悲しみに暮れる英国のビクトリア王女に送ったバングルが始まりと言われており、そのバングルにはハワイアンの誇りと大切な人への想いが込められていました。
ハワイアンジュエリーはアクセサリーの域を超えた、いわば「アロハスピリットの象徴」として、神聖で大切なものとされてきた歴史があります。
そんな神聖なハワイアンジュエリーはブライダルにおすすめです。お二人の想いが込められたマリッジリングを作りませんか?ペアアクセサリーもおすすめです。

人気のモチーフ

●ホヌ(ウミガメ)
ハワイのロコ達にとってウミガメは大変神聖な生き物です。「ホヌ」には幸運を運ぶ海の守り神という意味があり、身に着けていると災いから身を守ってくれると言われています。
●モンステラ
葉の切れ目が独特の模様を織りなすモンステラ。その形体から、ラテン語ではmonstrum(怪物)という意味があります。近年は観葉植物としても人気です。「水が湧き出る」という意味を持ち、ウミガメと同様にハワイでは神聖な植物とされています。
●マイレ
ハワイのロコ達の結婚式では、新郎と新婦の手をマイレの葉のレイで繋ぎ、神聖な結びつきを表現します。「平和」「縁結び」などの意味も持ち、大切な人との絆を深めてくれる神聖な葉です。
●ナル・カレイキニ(波)
幾度も果て無く寄せては返す波は、永遠に続く愛を意味します。カレイキニとは、ヴィクトリアの渦巻きを波で表した模様で、力強さが感じられます。
●ナイア(イルカ)
イルカはアウマクア(神や先祖)の一つとされ、古来より幸運を運ぶ使者と言われてきました。恋愛運を上昇させるラッキーアニマルです。
●ホエールテール(クジラの尾)
大海原でクジラに出逢えることは大変ラッキーなことです。そのことから「強運を持つ」という意味があり、幸運の象徴とされています。
●フィッシュフック(釣り針)
漁は人々の食生活に密着していたこともあり、繁栄や安定が表現されています。また、幸運を吊り上げる、幸運を離さない、という意味も。

おすすめジュエリー

おすすめジュエリー ●マリッジリング
一般的に幅が細めでシンプルなフォルムが主流のマリッジリング。個性を出すなら、少し幅広で、ハワイアンスピリットが感じられるモチーフをあしらったデザインリングがおすすめです。指に着けているだけで華やかさが出せますし、ハワイ語で愛のメッセージを彫れるタイプもあります。
●ペアネックレス
全く同じデザインではなく、素材が異なるタイプ、トップの大きさが異なるタイプ、デザインや色に多少変化を持たせたタイプなどがあり、選択肢は多岐に渡ります。男女双方が身に着けても違和感の無い、ホエールテール・フィッシュフック・サーフボードなどを模ったデザインが人気です。
●バングル
ハワイアンジュエリーの歴史はバングルから始まった事はこのコンテンツの上部に記載しました。バングルを身に付け、大切な人を想うハワイ王朝最後の女王リウオカラニの優しさに触れてみてはいかがでしょうか。ハワイらしさが全面にデザインされたバングルは、シルバーやゴールドだけではなく木製や真鍮製もあり、一味違った風合いが魅力です。

ロイヤルカイラウェディング

Copyright © Hawaii church & Chapel Wedding. All Rights Reserved.